King Casimir III The Great–between history and legend

ポーランドの歴史の中で、King Casimir III(1310年4月30日生まれ、1370年11月5日没)はThe Greatと呼ばれています。 おそらく、他のポーランドの支配者は、非常に多くの姓とそのような多数の伝説の主題で言及されていませんでした。 Kazimierz Dolnyの町の視点から王はどのように認識されていますか? 1496年よりも早く最初に指摘された”偉大な”というタイトルで始まるのはふさわしいことです。 確かに、君主は、彼の治世の半世紀前に生まれ変わったポーランド王国の内部政策における彼の成功のおかげで、”偉大な”というタイトルを得ました。 国家の発展は、14世紀に3つの財産に基づいて不動産君主制の作成と強化によって、その後続いた:最初のものとして分離し、国家の断片化の間に強; そして、町の自治自治と農民に意義を負っていた町民は、社会的規模の最低レベルを構成していました。 カシミール王は権力の集中化とその統合の後に努力した。 それを達成するために、彼は意志を持って君臨し、効率的な事務員–starostsにタスクを委任しました,誰が司法の力を組み合わせました,軍隊と警察当局は、都市と王室の財産上の管理と. このアプローチはすぐに意図された効果をもたらし、主権者の権威を高めた。 しかし、主に町民と騎士の中間財産に基づく権力の集中化は、一方では王と他方では大物や聖職者との間の衝突につながったことが多かった。
君主のいくつかの基本的なメリットには、1346年から1347年のPiotrków-Wiślica法令の法律の成文化が含まれ、それまで国内で優勢であった立法混乱を取り除いた。 時代の精神によれば、法律は爵位に重要な特権を与えたが、今度は同胞の個人的自由は厳しく制限されていた。 これは、歴史的真実よりも19世紀の歴史作家の創造的な執筆にもっと関連するべきである”農民の王”という君主の名前に疑念の影を投げかけます。 グロダルツ川での入植の観点から、カシミール3世の君主制の最も重要なメリットは、「空地の植民地化」、すなわち数十の新しい町や村の集中的な基礎である彼の政策であった。 ピアスト王朝の最後の王の時代からの年代記作家であるチャルンコフのヤンコは、次のように書いています: “このような多くの町や村は、この王の時代には森林、木立、オークの森に設立されましたが、ポーランド王国の他の時代には設立されませんでした。”町や町民の迅速な開発は、おそらく王カシミールの時代にポーランドの最も特徴的な特徴です。 ポーランドの町の数は、この君主の治世の間にほぼ倍増しました–93の新しい町が定住し、王によって設立された47の町が含まれていました。 後者の1つはカジミェシュの町でもありました。 元の法人憲章は保存されていませんが、Jan Długoszの記録を信じるためには、町の設立に関連するべきCasimir III大王です。 最新の知識は、これがこれまでに受け取った唯一の法人化特権であったことを示しています。
当時のポーランドの外交政策における優先順位の変更は、カジミェシュ-ドルニーにとっても重要であった。 外交的措置を実施することで、カシミール3世はシレジアとポメラニアの統治を少なくとも一時的に放棄し、貿易にとって重要となったルテニアに向かって拡大を指示することができた。 その結果、1344年から1349年にかけてハリーチ-ルテニアが占領された。 重要な通信と商業ルート上のグロダルツの和解の場所は、町の基礎をもたらした君主の注目を集めている必要があります。 義務的な兵役に基づく国家軍の再編、いわゆる”Pospolite ruszenie”、バナーのシステムと13世紀の要塞を近代化し、新しいものの建設につながった内部防衛システムの作成と相まって、カジミェシュ-ドルニーの和解は完全にその形態と組織を変えた。 ヤン・ドゥーゴシュが説明しているように、王は「ポーランドが粘土で、木で、乱雑で、装飾され、素晴らしく、石で作られているのを見つけた」、町を設立し、「その保護のために城を建てた」だけでなく、「カジミェシュの住民が王を喜ばせるために作られたように、水と土地の両方で通行料を支払うことから解放された」という住民特権を与えた。 さらに、彼はトルシュの商人に、カジミェシュとヴウォルニツァを経由してルテニアの都市ウラジミールに向かう道を優先して特権を与えた。 このように、都市の中世の繁栄の時代が始まりました。 これは王ヴワディスワフ1世の息子の治世の結果であることは間違いないが、カシミール3世がこの町を訪れたという記録はないが、1328年に聖バルソロミューのオクターブで町に滞在し、シチェチョフに特権を与えた父親を示しているだけである。
カジミェシュ-ドルニーの町民のさらなる発展を考慮すると、カシミールのユダヤ人を支援し、ポーランド社会におけるこの少数派の均質性と意義を高めたユダヤ人ディアスポラ特権を授与するという政策については、歴史家の作品にしばしば特徴づけられるように、ここでコメントする価値がある。 それは本当にそうでしたか? カジミェシュ-ドルニーのユダヤ人は、自分自身を”王のユダヤ人”と呼ぶことができますか? おそらく、そのような名前の根拠は伝統から来たのでしょうが、歴史的事実は、カシミールIII世が”ヤハウェを崇拝する人々”が常に特に活発であった町民のダイナミックな発展のための適切な条件を作成したことを示しています。 王は彼の社会政策において特に革新的ではなかった。 1334年と1364年には、ユダヤ人に対するマクデブルクの権利の支配を停止し、王室の裁判所の管轄下に置いたユダヤ人の自由の一般的な憲章、またカリシュの法令として知られているを確認しました。 これは、1264年に大ポーランド公ボレスラウス敬虔公がユダヤ人に与えた権利を検証したものである。
間違いなく、カシミール三世大王の支配がユダヤ人にとって好都合な時期と呼ばれることが多いという事実は、1356年のヤン-ドゥーゴシュの物語に関連しており、王と王に二人の息子がいたエステルカ、美しいユダヤ人の少女、オポチュノの商人で医者の孫娘である。 ユダヤ人に対する王の好意的な政策の理由と見なすことができるのは、おそらくエステルカの影響でした。
カシミール王とエステルカについての伝説は、本質的にヴィスワの町に結びついています。 それは、春の会合、王の最愛の賞賛の王室の饗宴、”ダビデの娘”のメイドの名誉羨望、エステルカのためのボホトニツァの城の建設、そして愛する王が永続的に交差した地下通路を持つカジミェシュ-ドルニーの要塞とのつながりから生まれた彼らの深い愛についての物語である。 しかし、美しいユダヤ人の少女と彼女の王室の恋人についての話は、例えば、ニエポショミツェ、チェフ、オポチュノ、プリェドボルゼ、ラドム、ジェシュフ、サンドミエシュ、スカウィナ、ヴィシュリツァ、カジミェシュのクラクフ地区のエステルカの塚やエステルカの家を持つショブズフなど、ポーランドの多くの町や都市につながっていることを覚えておく必要があります。
カジミェシュ-ドルヌイには、ピアスト王朝の最後の王に関連する伝説がさらに作成されています。 別の伝説では、町を支配する樽型の塔の地下牢であるグロダルツの町は、正確には、カジミェシュ3世によってそのような残酷な苦痛を宣告されたマシュコ-ボルコヴィッチが飢餓で死んだ場所であったことが示されている。 マチェイ(またはマチコ)ボルコヴィッチは間違いなく歴史的人物であり、ポズナンのstarostであり、王に対する大ポーランドからのマグナートの連合の指導者の一人である。 マシュコは1358年にカリシュの城でprisonedされ、王によって個人的にそこに刑を宣告されました。 彼は1360年2月9日に餓死したが、史料によれば、彼の死の場所はチェストホワ近くのオルシュティン城の塔であったという。
カジミェシュ・ドルヌイの町にゆかりのあるカシミール3世を描いた別の伝説では、王が近くの森で大きな鹿を狩ったという話が描かれています。 伝えられるところでは、その枝角は、Kazimierz Dolnyの教区教会のいわゆる”melusina”シャンデリアを飾る。 専門家は、17世紀前半の多要素”melusina”の日付を付けていますが、シャンデリアの上部に置かれた炎に囲まれた聖母マリアの姿は、15世紀前半からでさえも起源である可能性があります。 1509年のカジミェシュ-ドルニーの城の家具や設備の目録からの発言と組み合わせると、”鹿の枝角で作られたテーブルとシャンデリア”がリストされているので、それぞれの伝説には真実の穀物が含まれているのではないかと思うかもしれません。
“だから、物語を物語にしましょう–物語を語るよりも素晴らしいものがあるからです。..?”ボジェナ-ガルシェフスカヤ、アグニェシュカ-スタヒラ-スヴィダルスカヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。