Computer Science Phd in Security

PhD Security Guidelinesはこちら

Phd Of Philosophyは、幅広い学習分野での能力を証明し、セキュリティ分野での仕事を批判的に評価する能力を持っていることを証明した学生に授与される学位です。 さらに、学生は独立して働き、フィールドに独自の貢献をする能力を実証している必要があります。 コースの単一の規定されたセットは、完了したとき、学生がこの高レベルを達成したことを保証することを確立することはできません。 むしろ、学位は、学生が委員会の監督の下でコースワークと独立した研究要件の両方を満たした後に授与されます。 最低限のコースワークと独立した研究要件と博士号のための諮問委員会の構成プログラムは以下に記載されています。

このプログラムは、強力な自己学習コンポーネントを備えた研究指向です。 研究計画は博士号によって決定されます。 学生の特定の研究テーマに応じて顧問と諮問委員会。 伝統的な学習コンポーネントを超えて、プログラムの学生は、諮問委員会によって決定されたように、インターンシップやトレーニングなどの運用セキュリテ プログラムの第二のユニークさは、学生と教員がセキュリティにおける創発的な理論と技術を議論し、重要なセキュリティイベントをシミュレートする演習を行うために会う短い強烈なワークショップの使用です。 彼らは、学生が自己ペースのコースで学んだことを適用し、サイバー戦争と祖国防衛のシナリオで調整し、協力する方法を学ぶ機会を提供します。 学生は、少なくとも年に一度はワークショップに来て、過去一年間の研究の進捗状況と翌年の計画を報告しなければなりません。

単位時間

学位には合計60単位時間が必要です。 STEMおよび/または国土安全保障の学士号を取得してプログラムに入学する候補者には、遠隔学習として取られる独立した研究を含む、5000レベル以上のコースワークの最低30単位時間が必要です。 STEMおよび/または国土安全保障の修士号を取得して入学する候補者の場合、以前に取得した修士号からの最大24単位時間のコース作業は、30単位時間のコー すべての場合において、論文単位の30学期の時間が必要です。 すべての博士課程の学生は、コンピュータサイエンス研究のイントロであるCS6000を取る必要があります。 伝統的な学習コンポーネントを超えて、プログラムの学生は、運用セキュリティの経験の少なくとも三ヶ月を持っている必要があります(インターンシップ、)、PESCによって決定される。 この要件は、査読された出版物またはCISSP証明書試験に合格することによって置き換えることができます。

応募方法について

詳細については、コンピュータサイエンス部門にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。