限局性皮膚粘液症の病理

限局性粘液症の組織学

限局性粘液症の病変には、ドーム状の皮膚の隆起とムチンの外接した皮膚プールが存在する(図1、2)。 皮下組織の関与はまれである。 線維芽細胞の繊細な浸潤および毛細血管の増加が病変内で見ることができる(図3、4)。

これらは通常単独で存在し、これは丘疹性粘液症と区別される。

限局性皮膚粘液症の病理学

限局性粘液症の特別研究

ムチンはコロイド鉄(青緑色)で染色され、pH2.5(青)のアルシアンブルーで染色されます(図5)。

限局性粘液症の鑑別診断

粘液浮腫性苔癬の丘疹性粘液症は、組織学的には同一であるように見えることがあるため、臨床的相関が必要である。 線維芽細胞増殖および線維症が増加する可能性がある。

一般化および前胸粘液浮腫:これらの状態は甲状腺疾患と関連している。 真皮には線維芽細胞の増殖を伴わないムチン沈着がある。 表皮の変化には、角化症および濾胞栓が含まれ得る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。