閉塞性睡眠時無呼吸は、てんかんを有する高齢者における発作の発生と関連している

要約

背景:てんかん発作は高齢者でより一般的に起こるが、この年齢層での発生はしばしば説明されていない。 高齢者における発作の未踏の沈殿物の1つは、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)であり、これもこの年齢層でより一般的である。 Osaがてんかんを有する高齢者における発作増悪と関連しているかどうかを調べた。

: ポリソムノグラフィーは、遅発発作または悪化発作(グループ1、n=11)と発作フリーだったか、発作の改善を持っていた人(グループ2、n=10)と高齢者の患者で行われ

結果:グループ1の患者は、グループ2の患者よりも有意に高い無呼吸-低呼吸指数を有していた(p=0.002)。 グループ1患者はまた、より高いエプワース眠気スケールスコア(p=0.009)と睡眠障害アンケート(p=0.04)の睡眠時無呼吸スケールで高いスコアを持っていた。 両群は年齢,体格指数,頚部周囲,現在使用されている抗てんかん薬の数,夜間発作の頻度が類似していた。

結論:閉塞性睡眠時無呼吸は、てんかんを有する高齢者の発作増悪と関連しており、その治療は、この集団における発作制御を改善するための重要な

用語集:AED=抗てんかん薬;AHI=無呼吸-低呼吸指数;CPAP=持続的気道陽圧;EDS=過度の昼間の眠気;ESS=エプワース眠気スケール;OSA=閉塞性睡眠時無呼吸; PSG=ポリソムノグラフィー;SA-SDQ=睡眠障害アンケートの睡眠時無呼吸セクション。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。