許してはいけないが、忘れてはいけない-それはキリスト教的なのか?”

それはすべてのあなたの誇りに直面して飛ぶ

それは狂った中を離れて移動します

それは常に怒り自身の最悪の敵です

陪審員と裁判官

あなたが恨みを保持する権利を得たと言うときでも

それはあなたの耳にささやきです”それを自由に設定”

それは”自由に設定”と言って

-許し-マシュー-ウェスト

誰かに裏切られたり傷つけられたりした人たちが、加害者を許したと言っているのを聞くのが普通ですが、決して忘れません。 これは通常その人を再度信頼することを断ることと続く。 一度快適な関係は丁寧なhellosに減少しており、相互作用の著しい違いを誤解することはありません。

許して動くのが難しいと感じている人がクリスチャンであると、さらに悪いことになります。

この問題についての洞察のために、家族と宗教はのRev Dwight Bryanに手を差し伸べた。.. 誰が聖書は明らかに神が赦されたとしても許すように指示することを思い出させます。

“マルコによる福音書第11章25-26節では、私たちが祈るときは、私たち自身の赦しを受けるための前提条件であるため、赦すべきであると述べています。 だから、他人を許すことは自分自身の利益のためであることをはっきりと見ることができます”と彼は指摘しています。

先に進み、問題のある当事者をもう一度信頼することについて、ブライアンはヨハネによる福音書第2章24節に言及しました。”しかし、イエスは、すべての人々を知っていたので、彼らに自分自身を委ねませんでした。”私たちは、イエスが崇拝の群衆に自分自身を委託しなかったことをここで参照してください。 彼は彼らがある日”ホザンナ”と叫び、”彼を十字架につけることができることをよく知っていました!”次は、”彼は指摘している。

信頼は獲得しなければならない

ブライアンによると、誰かを許すことは一つのことです-彼は言う、それは無料の贈り物です-しかし、彼が言った信頼は獲得しなければならないものです。

「私たちは誰かに私たちの車を委託し、彼らは酔って運転し、それを墜落させたとしましょう。 彼らが真の悔い改めを示すことができず、真の変化を伴っていたときに、赦しの名の下に再び鍵を渡すのは愚かです”とブライアンは指摘しています。

彼は、過去にあなたを不当な扱いをした人に対処し、彼らに新たなスタートを与えることは、あなたが初めて会った人に対処することと変わらないと言

“あなたは誰かをあなたの家に招待し、最初の会議の後に彼らにあなたの銀行口座と貴重品へのアクセスを与えることはありません。 あなたは過去の歴史を持っていないので、許されないという問題はありません。 この問題は、信頼の基礎を確立することの一つです”と彼は共有しています。

は、ペテロがキリストを裏切った後に回復されたこと、クリスチャンを迫害した後にパウロが回心した後に回復されたこと、ダビデ王が彼の息子アブサロムを自分の犠牲にして回復させたことなど、多くの聖書的な例を挙げている。

“個人を回復することについて話すとき、適切なレベルの交わりがどうあるべきかを見極める必要があることがあります。 私たちを裏切って傷つけた人が、そもそも占領すべきではない立場に置かれた事例もあります”と彼は言います。

ブライアンは、多くの人が、神が赦されると、私たちが以前持っていたものを自動的に私たちに委ねているという誤った考えを持っています。

それは、本当に悔い改めた多くの堕落した大臣が、彼らの省庁がかつての全盛期の栄光に戻ったのを見たことがないので、真実ではないと彼は言

“完全に自動修復があったならば、アダムとエバはエデンに戻ることが許され、モーセは約束の地に渡っただろう”とブライアンは指摘する。

裏切りを持ち続けないでください

犯罪者によって与えられた傷について、ブライアンは、彼らが彼らの効果を癒され、前進する権限を与えられたい

“そうしない人は、聖書が苦味の根を持っていると言及している罠の中に自分自身を見つけるでしょう(ヘブ。 12:15)、そして彼らの信仰を短絡します。 彼は、過去の犯罪の痛みと傷を主に解放し、”復讐は私のものであり、私は返済する”と主が言うように、彼が責任を取ることを可能にすることが重要であると”(ロム. 12:19).

“私たちが過去の過ちの傷を主に解放するとき、主は私たちを超自然的に忘れさせるでしょう。 実際には、いくつかの非常に痛みを伴う思い出は、我々はほとんど詳細を覚えていないことができるまでフェードします。 したがって、前進するために私たちを解放し、”と彼は共有しています。

結論として、彼は赦すことは例外なく神の命令であると述べた。 忘れて、彼は過去の痛みをリハーサルを避けるために意志の行為を伴う強調しています。

“これは、傷を癒すために傷からかさぶたを取ることを控えるようなものです。 問題を神に任せることは、彼が私たちの記憶を書き直し、痛みを消すことを可能にします。 彼はまた、彼の精神によって、過去からの教訓を私たちに促し、将来的に同様の状況をうまく避けるように導いてくれるでしょう。”

[email protected]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。