表計算とデータベースの違い

表計算とデータベースの違い

概要:表計算とデータベースの違いは、表計算ソフトウェアでは、データを行と列に整理し、データの計算を行うことができることです。 データベースは、そのデータへのアクセス、取得、および使用を可能にする方法で編成されたデータのコレクションです。

表計算とデータベースの違い

表計算

表計算ソフトでは、データを行や列に整理し、データの計算を行うことができます。 これらの行と列はまとめてワークシートと呼ばれます。 ほとんどの表計算ソフトには、ユーザーがワークシートを作成、編集、書式設定するのに役立つ基本的な機能があります。 以下のセクションでは、ほとんどのスプレッドシートプログラムの機能について説明します。

データベース

データベースは、そのデータへのアクセス、取得、および使用を可能にする方法で編成されたデータの集合です。 手動データベースでは、紙にデータを記録し、ファイリングキャビネットに保存することができます。 のようなコンピュータ化されたデータベースを用いて、コンピュータは、ハードディスクのような記憶媒体上に電子形式でデータを格納する。 データベースソフトウェアを使用すると、データベースを整理し、データベースを作成、編集、削除できます。

また読みます:

データベースと表計算ソフトの違い

表計算ソフトとワークシートの違い

表計算ソフトとワークシートの違い

ソフトウェアとハー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。