膝の袖は価値がありますか?

膝の袖は日常的な設定で様々な理由で着用することができ、この記事では、ジムでの膝の袖の有効性を強調するつもりです。 私たちは市場で最高の膝の袖のいくつかをテストしましたので、あなたは私たちの膝の袖の愛好家を考慮することができます。 バーベルの訓練および強さのスポーツに真新しいなら、あなたの頭部を疑問に思う傷付くかもしれない”なぜ何人かの運動選手は混合の上昇をしゃがみこんで、するとき膝の袖を身に着けているか。”

通常、この最初の考えに従う質問は次のとおりです,

“膝の袖は価値がありますか?”

この記事では、膝の袖とその主な目的のインとアウトを内訳にしています。 膝の袖は100%価値がありますが、なぜそれらが使用されているのかを理解する必要があります。 一日の終わりに、膝の袖は支える強さ装置の他の部分のようで、必要とされたとき、そして決して松葉ずえとして使用されるべきではないです。

膝の袖は重い上昇の共同暖かさそしてサポートのためにそれらを必要とすれば体育館のそれの価値があります。 どんな膝の袖を使用するかによって、それらはまた上昇の軽い圧縮そして信任を提供するために有用である場合もある。 ほとんどの支える強さ装置とのように、膝の袖は特定の活動/適応の方の意思とだけ身に着けられ、松葉ずえとして、またはもっぱら共同安定性を作

膝の袖はそれだけの価値がありますか?
/

体操の設定では、膝の袖は2つの主要な理由のために普通身に着けられて、これらは下記のものを含んでいます:

  1. 関節の暖かさ
  2. サポート

明らかに、怪我をリハビリするなど、ジムで膝の袖を身に着けている他の理由があるかもしれませんが、この記事では、膝の袖が提供できる二つの主なパフォーマンスの利点に焦点を当てます。

膝関節の暖かさ

  • 彼らが着用している理由:軽い圧縮と膝関節の全体的な暖かさを促進します。
  • 誰がそれらを着用することができます:レクリエーションリフター、機能的なフィットネスアスリート、重量挙げ。

一般的に言えば、関節の暖かさのための膝の袖は、関節全体の快適さと圧迫の光レベルを促進する傾向があるため、ワークアウト時に役立ちます。 これらの袖は彼らの接合箇所を暖め得るつらい時を過すか、長い残りがセットの間にあるか、またはより涼しい気候で解決する運動選手のために有 運動選手がほしい最後の事は頻繁な副最高/最高の負荷を動かすとき涼しくなっている-それはあらゆるスポーツの転位の間の長い壊れ目を取ること

すべての膝袖は関節の暖かさと圧迫をある程度促進しますが、膝関節の暖かさを促進するように特別に設計された袖は、通常、構造が軽くなります。 多くの場合、これらの袖は3mmまたは5mmのネオプレン、またはスパンデックスブレンドの材料で作られます。

だから、関節の暖かさと軽い圧縮のために設計された膝の袖はそれだけの価値がありますか?

なぜあなたはそれらを必要としますか? 彼らはそれの価値がありますか?
涼しい気候で働くか。 はい、それらは有用である場合もある。
膝関節は、ウォームアップを取得するには時間がかかりますか? はい、しかし、それらを控えめに使用してください。
いろいろな試しの設定の軽いサポートを好みなさいか。 はい、あなたの好みに応じて。
長い間、セットの間に休符ですか? はい。

実際には、関節の暖かさのためだけに設計された膝の袖は、依存関係の点で大きな欠点なしに複数の設定で着用することができます。 素人の言葉では、市場のすべての膝の袖から—普通—非常に軽い袖を身に着けていることは袖の使用と持ち上がる成功間の連合を作成しない(言い換えれば、通常は成功のための松葉ずえにならない)。

しかし、そもそもなぜ特定の装備を身に着けているのか、時々客観的に自問することは常に良い考えです。 これの良い例は、怪我の後に機器を使用していますが、回復して治癒した後にそれに依存するようになることです。 あなた自身に尋ねなさい、全面的な慰めのレベルを改善し、確信した動きパターンを支えるのにこのタイプの膝の袖を必要とし、使用しているか。 もしそうなら、彼らはそれだけの価値があります。

ベスト膝袖レビュー

膝関節サポート

  • 彼らが着用している理由:安定性と自信を促進するために膝関節の圧縮をサポートします。
  • それらを身に着けることができるだれが:娯楽揚げべら、機能適性の運動選手、powerlifters、重量挙げ選手、strongmanの運動選手。

支持膝袖は複数の形で来て、通常、重いスクワットやオリンピックの動きで余分なサポートを望む強さの選手によって着用されています。 サポートの目的のために設計されている膝の袖はより厚く、伸張により弾力性のある、およびより堅い袖で起因する5mmおよび7mmのネオプレンの

膝を支える袖に関しては、その違いが特定の活動にどのように影響するかを理解することをお勧めします。 共同暖かさのための膝の袖とは違って、これらの袖ははるかに活動特定である。 例えば、より厚い7mmのネオプレンの袖はとりわけより多目的な、軽量の袖に対して重いスクワットのような動きの追加サポートを、提供するように

この観点から、支持膝の袖が価値があるかどうかを評価して決定する方が少し簡単です。

なぜあなたはそれらを必要としますか? 彼らはそれの価値がありますか?
あなたは膝の袖と競争する予定ですか? はい。
あなたは強さのスポーツのために頻繁に重い訓練をしていますか? はい、しかし、それらを控えめかつ客観的に使用してください。
あなたはバーベルトレーニングを始めたばかりですか? あなたの訓練がもう少し具体的になるまで待ってください。

それは膝の袖とサポートに来るとき、彼らは少しより戦略的な計画で使用する必要があります。 リフティングベルトと同様に、膝の袖はいくつかの点で松葉杖になることがあり、それらの訓練とその使用との目標を残しておくことは、依存関係のウサギの穴に落ちないようにするための最善の策です。

だから、支持膝袖はそれだけの価値がありますか? はい-あなたは強さのスポーツで競争し、頻繁に重い訓練し、余分な膝関節のサポートのための袖を必要とする場合。 訓練に真新しいなら、あなたの訓練の動きの機械工、基礎的な強さ、およびより多くの方向を開発するまで袖なしで訓練を選択しなさい。

膝の袖を包むことはそれだけの価値がありますが、その有効性と目的の背後にある理解が必要です。 袖は支える持ち上げ装置の非常に有用な部分である場合もあり、それらに伴う適用および特定があるとき最もよく目的に役立つ。

あなたはバーベルトレーニングに真新しいしているし、まだベースラインの強さを構築し、運動力学を学習している場合は、裸の膝のトレーニングを選ぶか、暖かさのために非常に軽いスリーブを使用しています。 時々、訓練で支える装置を余りにすぐに加えることは道の下の全面的な客観性を減らすことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。