ちょっとだけ。..

配線システム内のすべての電気回路は、過負荷から保護されなければなりません。 回路の過負荷は、回路を流れる電流の量が保護装置の定格を超えると発生します。

回路に流れる電流の量は、電流に対する負荷または”要求”によって決まります。 たとえば、回路が最大15アンペアの定格である場合、その定格のヒューズまたは回路ブレーカがその回路に含まれます。 電流が15アンペアを超えると、回路遮断器が開き、これ以上の電流の流れが遮断されます。 積み過ぎの保護なしでワイヤーは熱くなることができますまた更に絶縁材を溶かし、火を始めて下さい。

ブレーカとヒューズ画像考慮する必要がある電気ユニットの保護には二種類があります。 最初のものは、回路に供給される実際の電線を、その運搬能力を超える過負荷に対して保護することに関係しています。 第二のタイプは、電源回路に接続された個々の家電製品および電気機器を過負荷から保護することに関係しています。 両方のタイプの保護はヒューズかブレーカを含むが、異なった考えおよび目的に基づいている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。